片付けが好き。どんどん部屋がきれいになっていく。

私、家の中の片付けや断捨離が大好きです。趣味みたいになっています。
片付けに関する本も好きで、本からも沢山影響を受けています。
風水と片付けに関する本を読んだ時は、なるほど!と思いました。部屋を綺麗にして気の流れを良くすることで運が良くなるというのは、理にかなっていると思います。

こんまり先生の「人生がときめく片付けの魔法」の本も、もちろん読みました。片付けに加えて、物を減らして断捨離していこうと思い始めたのは、この本を読んでからだったと思います。
とにかく物がないというのは、気持ちのいいこと。最近話題のミニマリストとまではいきませんが、それに近くなってきています。
雑念がなくなるから、余計なことを考えず、物事や考え事に集中できるんですよね。なんだか禅の世界みたい。ホテルとか神社とか、綺麗で落ち着きますよね。それと一緒で、心が落ち着くんです。
あと、物がないと掃除が楽。飾り物などがあると埃をかぶるし掃除が大変ですが、飾り物がないとその手間が省けます。掃除機をかける時も、床の物をどける必要もなくスムーズに掃除ができます。
どんどん綺麗になっていく我が家。雑念が減り、やりたいことが明確になってきていますので、本当に一石二鳥。引っ越しも楽々できそうです。予定はないけど、身軽ですね。

ビジネスの世界と流通について勉強しました

ビジネスなどについて勉強しました。私たちの社会では、多くの企業がいろいろな活動をしています。たとえば、ものを生産したり運送したり販売したりする活動です。このような活動が活発におこなわれている世界、それがビジネスの世界です。現在のビジネスの世界は、変化がはげしく発展のスピードもはやいので、この世界で生きるためにはしっかり勉強しておくことが必要です。ビジネスの世界で、今最も変化がはげしく革新が進んでいる一つが流通の分野です。たとえば、生産者がつくったものを仕入れ、それを私たち消費者に販売するのがお店ですが、ひとくちにお店といっても今日ではいろいろなお店が競いあって活動しています。たとえば近ごろでは、スーパーマーケット・コンビニエンスストア・ディスカウントストア・ドラックストア・ホームセンター・ショッピングセンターなどが競いあっています。流通は、生産と消費をつなぐかけ橋のようなものなのです。流通について知れて良かったです。

本当に珍しいこともある。やっと捨てたわ、ファイルと教科書

週末は、あまり天気も良くなかったので、捨てるものを探していたの。
家の中は物に埋め尽くされるのが苦しかったし、いつまでも使わないものを置いてあるのが気になってて。

進学した子供がいるけれど、いつまでたっても卒業した後の教科書を片付けないまま、1年以上が過ぎていた。
「いつか使うかもしれない」と言っていたが、1度も見直すこともないので、
改めて片付けていいかを聞いてみた。

そしたら、要らないって。
そりゃそうでしょ!
今は使うことが全くないよ、それらは!

下の子もいるけれど、表紙は同じだけど教科書の内容が少し変わっていて、
無くしたりしたら、結局、買わないとならないから。
次の子の受験が終わるまでは、再び教科書を置いておかないとならない生活になるけれど、
同じようなものがいくつもあるよりかは、ずっといいよ。

ファイルに綴じてあったプリントも、全部捨ててみたら、なんだか気持ちが軽くなってね。
何でも詰め込みすぎなのよ、押し入れに。

珍しいこともあった週末だった。
今日は外は大荒れ。
もしかして、普段、片付けない人が片付けたからかもしれないね。